ニラニスタ発・蹴球思案処

蹴辞逍遥・晴蹴雨蹴

心象風景的散文

不条理

不条理 緊急事態宣言が5月31日まで延長された。インターハイ中止の決定後、全中も中止になってしまった。全中の中止は僕の中では大きな衝撃だった。かつて全中の出場を目標にサッカーに打ち込んできた中学時代があったので、目標にしてきたものが消滅して…

読むサッカー

読むサッカー 全都道府県に緊急事態宣言が拡大された。山梨県も例外ではなく、すべてにおいて正常な状態に戻るのには時間がかかりそうである。 『エルゴラッソ』の紙面で「読むサッカー」を特集した。“サッカーのない”週末にサッカーを楽しむための『完全読…

見ているものは同じでも、見えているものが違う

見ているものは同じでも、見えているものが違う 自分がボールを持っている。周囲には見方、敵、ゴールが視野に入る。見えているものは同じである。後天的に身に付けたスキルによって、その状況におけるプレーの選択は違ってくる。おそらく最終的なプレーの決…

「そんなこともあったな~」と思い出すこと

「そんなこともあったな~」と思い出すこと コロナウイルスの終息どころか、先行きがどうなるか分からない状況である。そんな中、『ELGOLAZO』の紙面でJリーグ検定があった。ふっと力を抜けるひと時である。問題は初級編から超上級編まで100問。…

JWFA

JWFA 新型コロナウイルスの全世界的な感染拡大のため、オリンピックが延期された。また日本サッカー協会の田島幸三会長も新型コロナに感染した。最近、一番衝撃的だったのは(僕は隠れユベンテーノなので)、ディバラの陽性反応にはショックだった。そし…

止まっている時間

止まっている時間 こんなに長くサッカーが止まっている異常事態に陥っているのは、生涯初めてのことである。コロナの戦時下に置かれ、戦時下というものはこういったものなのかなと感じたりもしている。 小学生からジュニアユース、高校、アマチュアサッカー…

感謝の味

感謝の味 新型コロナウイルスが世界のサッカーに大きな影響を及ぼしている。Jリーグが中断されたと思ったら、欧州5大リーグとCLも中断、延期となってしまった。ユーベ、チェルシーの選手、アーセナルの監督まで感染してしまい、すごいことになっている。…

第98回全国高校サッカー選手権大会 雑感

第98回全国高校サッカー選手権大会 雑感 緑の多い選手権だった。頂点に立った静岡学園、青森山田、帝京長岡、昌平、広島皆実、専修大北上、熊本国府の7校が、チームカラーがグリーンだった。ベスト8に4校のグリーンが勝ち進んだ。静学はいうに及ばず、…

希望

希望 新年に読んだ小説の中で、心に留まった言葉があった。明日、生きているかどうかが分からない状況にあり、主人公と別れる時の最後の言葉である。 ひとつだけ先輩として忠告しておこう。どんなときにも希望を捨てるな。希望なんてものははじめからあるも…

昔の写真

昔の写真 先輩から「面白い写真があったぞ」と大昔の画像が送られてきた。時代背景から言うと、この時代は僕らのちょっと上の世代で、ラクビー部が廃部となり、ハンドボール部が創部された時代だった。今も変わらない韮高のグランドで、野球部とラクビー部と…

ラクビーワールドカップ サッカー的視点からの感想

ラクビーワールドカップ サッカー的視点からの感想 「にわかファン」「ラクビーロス」という言葉が生まれ、日本代表の躍進もあり大成功に終わったラクビーワールドカップだった。現役プレーヤを含めサッカーに関係する多くの人は、どのように今回のラクビー…

ラグビーワールドカップ開幕

ラグビーワールドカップ開幕 アジア初のラグビーワールドカップが開幕した。ラグビーが注目される日々となるので、改めてラグビーと自分との関係を整理し、見つめなおす良い機会である。 ラグビーと自分との関係を考えた時、2つの出来事が思い出される。1…

蹴球思案処 序

~イズレノオントキニカ、ニラサキナルママニ、智に働けば角が経ち、情に棹させば流される。窟観音の鐘の音、諸行無常のヒビキアリ。シオガワの流れは絶えずして元のみずに非ず、ヤマナミノ、ツラナルトコロ、キョウシュウノ、キワマルトコロ、クニヤブレテ…