ニラニスタ発・蹴球思案処

蹴辞逍遥・晴蹴雨蹴

枠内シュートとイワシの群れ

枠内シュートとイワシの群れ

 

専門的なサッカーの話はやはり面白い。気になったことで、いろいろと思案した2つを記す。ただ僕自身のこれといった結論はいまだ出ていない。

 

「枠内シュート」

シュートは枠を外さないことが良い。枠を外したシュートであれば、それで攻撃は完結する。枠内に飛べば、ミスを誘発するかもしれないし、何かが起こる可能性は0ではない。枠内シュート率、枠外シュートなどデータで細かく見ることができる。試合を観ないでデータを見るだけでは、大きな落とし穴がある。

 

2人のFWがいる。シュートがどちらも20本。データでは1人は100%に近い確率で枠内、もう1人は半分以上が枠外である。注目すべきは枠内に入らないFWである。シュートのねらいは全てゴール隅の上下。最もゴールの入りやすいエリアはゴールの4つの隅である。この隅にシュートを狙った時に飛ぶ、可能性があるスペースを円で描くと、枠内は4分の1しかない。隅を狙うと外す確率は高くなる。狙いを持ったシュートを打っているのであれば、どちらのFWが怖いのかは分かる。トレーニングでも「枠内に飛ばす」のではなく、「ゴールの隅を狙って打つ」という意識が必要だろう。そこを狙って枠を外れるのなら、チャレンジから起きるミスであるので、精度を上げる繰り返しのトレーニングしかない。GKの守備範囲である枠に飛ばしているだけでは、得点の匂いはそれほどでもない。トレーニングに取り組む意識部分で、深く考えさせられる案件である。

f:id:nirasakishikibu:20220126211223p:plain

イワシの群れと自己組織化」

ポジショナルプレーを細分化すると「自己組織化」という概念がある。自己組織化を簡単に行っている例がある。誰でも1度は見たことのある「イワシの群れ」である。魚同士がぶつかることなく一定の距離を保ち、方向を変え、群れを成して泳いでいる姿はある種の機能美である。


www.youtube.com

結論から言えば、イワシの群れのような動きを、選手が行えば、ラインコントロールは容易になるということである。スライドからラインのアップダウンを意識して行うのではなく、意識下で行う。無意識ではなく、意識下の状況において、ラインコントロールができれば、戦術理解と戦術の実践ができているとみることができ、さらに高いレベルのサッカーに進むことができる。

整然とした大量のイワシの群れは美しい。イワシの群れの研究はサッカーに活きる。イワシの群れの研究は驚くほど進み、かつては群れの中にリーダーがいて中央制御している仮説が立てられた。けれど現在は「複雑系」の研究が進み、このような現象は「局所的相互作用」による簡単なルールで成り立っているとのことである。

サッカーは11人、エリアでのユニットやグループでの戦術にこのような連動した動きはできるはずである。数千匹の魚ができて人間にできないはずはない。チームとしての美しい動きが可能になれば、選手1人では出来ないワクワクするようなチームプレーが出来るような気がする。

 

僕ら人間は自意識は過剰であるが、自覚に乏しい。限定されたサッカーという枠の中でありながらも、学ぶべきこと、実践すべきことがたくさんある。

 

 

 

 

 

新人戦1回戦

新人戦1回戦

 

令和3年度県下新人高校サッカー新人大会が開幕した。選手権と同じく、韮高の初戦の相手は、清洲だった。結果は不戦勝だった。あらゆる不測の事態が起きてもおかしくない時代なので、すべての面においてしっかりとした準備が必要である。多くの矛盾と混乱と憤りがある世の中で、どのような生き方をするかを学ぶ良い機会である。自らの日々の思考の選択が、言動、行動となって現れる。そしてある時に結果となって現れる。

 

サッカー選手として成長するためには、どのようなことが必要なのだろう。誰でもサッカーが好きで、上手くなりたい。それに対しての努力は惜しまない。でもサッカーをやるためにやるべきことがその前ある。そのやるべきことをしっかりやれる人間がサッカー選手として成長し続けられるのではないかと思う。

 

小嶺先生が言う「良いサッカー選手である前に、良い人間であれ」である。誰でもサッカー選手である前に、1人の人間である。実質的にサッカーをする時間は24時間の中で数時間である。残りの時間の使い方でプレーのパフォーマンスは大きく変わる。生き方は難しくもシンプルである。

 

逃げ出したいほどの苦しい場面は逆境である。日々の生活においてひっきりなしに逆境ということはない。日常において逆境ではない「順境」のほうが多い。その順境での身の処し方が、サッカーに活かされる。見えにくい場所、見えない場所での生き方は、サッカーの上達に大きく左右する。誰かが見ているから、誰も見ていないからという低俗な発想からの行動から卒業したい。

高い次元での生き方を実践することで、技術力の習得、戦術理解と実践がより高いレベルで可能となる。

もう1度、サッカーをする前の自分を見つめることで、サッカーの取り組み方が変わってくる。韮高はそういった意識の高い集団であると思っているので心配はしていない。昨年に引き続き期待値は高いので、その期待に応えられる人間に成長してほしい。

 

 

良いサッカー選手である前に、良い人間であれ

 

 

 

 

『やらなあかんことはやらなあかんのや!』

サッカー本 0090

 

『やらなあかんことはやらなあかんのや!』

f:id:nirasakishikibu:20220122222403j:plain

著 者 上田亮三郎

発行所 (有)アートヴィレッジ

2012年1月28日発行

 

小嶺忠敏先生が人生の師と仰ぐ、元大阪商業大学サッカー部監督の上田亮三郎の著書である。大商大サッカー部の指導を通しての人間味あふれる厳しい素顔が、本の中に詰まっている。

 

上田亮三郎は、FIFA主催の第1回コーチングスクールの受講生である。その時の講師がデットマール・クラマーだった。1969年、日本での開催されたスクールの日本人の参加者は12名だった。上田亮三郎はデットマール・クラマーのサッカー指導に多大な影響を受けている。本の中にはクラマーの言葉が随所に登場する。

 

クラマーさんから「君たち指導者にとって何が一番大切なんだ」、「指導者が一番最初にやらなければいけないことは何なんだ」という問いかけがありました。

 

ところで「指導」とは何でしょうか。これをコーチングスクールでクラマーさんから質問されて答えらえませんでした。

 

大商大を指導するにあたり、ありとあらゆる勉強をし、良いものは取り入れ、時に失敗をしながら、独自の指導哲学を構築していく。小嶺先生を筆頭に、大学で上田亮三郎の指導を受け、その後のサッカー界に大きく影響を及ぼしている門下生はたくさんいる。上田亮三郎が兼ね備える強烈なリーダーシップ、情熱、選手との信頼関係など、その人間性に共感を覚える人は多い。

現在の大商大の白×黒(縦縞)ユニホームは、上田亮三郎から始まった。その影響は高校のユニホームまで影響している。小嶺先生の母校の島原商がそうであり、前橋商もそうである。小嶺先生は国見ユニもその名残りから色を変えて縦縞にしている。

 

もちろん専門性も兼ね備えている。「いいパスとは?」の節では、なるほどと思わせる論を展開していて、しっかりと言語化されている。「画一的指導の危うさ」での持論も興味深い。

科学的な分析、細分化されたトレーニング法、サッカー上達のありとあらゆる情報が氾濫している現在、原点に返る意味で、この本は読む価値のある1冊である。

 

 

付記

僕の中学のサッカー仲間が大商大でサッカーをしていた。その当時の練習を聞いた時の衝撃は今でも忘れられない。上田監督という人はどんな人なのだろうと恐れていた。そのようなこともあり、この本の好きな箇所を載せる。

 

食事をする時のいいポジション、ふさわしいポジションというのがあります。

御殿場で1軍が合宿した時に、指導者が集まって一杯やろうかということになったのです。私が風呂から出てきたら、ほとんどがもう座っていて、そこで静岡学園の井田君が何か言っているのです。「お前がそこに座るのは20年早い」と若い指導者に呼び捨てで叱りつけていました。私のために席を空けておいてくれて、用意した席の横も2つ空いているのです。片方がウチの吉田部長、もうひとつに支配人の阿部さんを座らせようとしていたようでした。

その若い指導者は、私の横が空いていたので座っていたのです。そこで井田君がそこに座るなと叱ったわけです。~略

いいポジション、またはふさわしいポジションというのはスポーツに限らずどんな時にもあるし、とても大事なのです。

 

 

 

 

令和3年度 新人戦組み合わせ

令和3年度 新人戦組み合わせ

 

f:id:nirasakishikibu:20220121230755p:plain

闘いが始まる。新人戦の勝敗は、今後の闘いにおいてそれほど重要ではないと言う人はある程度いる。では、それほど重要でないと思う人は、いつ何が重要なのだろうと思う。大切な試合だけが重要だとしたら、今から真剣にやらないとしたら、すでに敗者である。

勝敗は別だと考えたとしても、勝敗を分ける局面での勝ち負けが勝敗を分ける。1対1での負けは、ゴール前、中盤、セットプレーなどの局面で起こる。局面全て負けていたら敗戦につながることは誰でもわかる。試合中の小さな勝ち負けの積み重ねが、スコアに現れる。試合はトレーニングの総決算であるとしたら、そこで負けているようでは、そこから先は、タイトルを獲りたいならば、今以上の苦しみが待っている。

 

ある日、狐は、木の枝に這っている蔓から、熟したぶどうが一房垂れているのを見つけました。

ぶどうの房は高い枝から下がっていて、狐はそれをとるのに跳びはねなくてはなりませんでした。

最初に跳ねたときははるかに手が届きませんでした。

そこでもっと離れたところまで歩いていって、助走して跳ねましたが、また届きませんでした。何度も何度もやってみましたが、だめでした。

そこで狐は座りこみ、うんざりしてぶどうを眺めました。

「おれはなんて馬鹿だ」と狐は言いました。「ぶどうをとろうとして、こうしてすっかりくたびれるなんてさ。口を開けてみとれる値打ちもない酸っぱいぶどうなのによ」

そうしてとてもとても嘲りながら去っていきました。

 

イソップ物語の有名な「キツネと葡萄」である。負け惜しみのキツネになってはならない。くやしさしか残らないチャレンジが今は必要である。人間は苦しい局面において、真価が問われる。または悪条件の中でこそ、力量が試される。全力でぶつかり、跳ね返され、それでも再びぶつかる。そんな人間になりたい。試合は日常の自分の総決算、普段力が試される時である。いきなりジャンピングボレーは出来ないし、自分でも驚くようなプレーができることはない。出来たとしたらまぐれである。そういう運はもっと後に取っておいた方がいい。

選手権の敗戦のくやしさを引きずりながらトレーニングに打ち込んでいた選手が最後には勝つ。

 

 

 

選手権特集05  田草川先生

選手権特集05

 

f:id:nirasakishikibu:20220120212932j:plain

「私の選手権」に登場したのは、田草川先生だった。韮高蹴球部中興の祖である。1963年(昭和38)から10年間、サッカー部の監督を務めた。紙面にある通り、10年で4回選手権に出場し、2度のベスト4の実績を残した。

特筆すべきことがある。僕の恩師でもある清水亘先生が3年生の時である。関東大会を前に、ユニホームを伝統の緑から白×ブルーのユニホームに変えてしまった。OBがうるさい時代で、いろいろと問題になったことを亘先生から聞いたことがある。今度、しっかりとその時代のことを聞いてみようと思う。それにしてもユニホームの色を変えるとは思い切ったことをしたものだと思う。

韮高に赴任して4年間、選手権に出場できなかった。『サッカー物語』には当時のことが書かれている。

 

もう一つがっかりさせたのは試合途中のハーフタイムだった。選手は監督である田草川のもとに集まらず、観客席のOBのもと行くことがあった。

 

選手権ではないけれど、福井国体で初の単独日本一になった。インターハイは第1回が青森で開催された。この記事が載るちょっと前に、そのインターハイに出場した大先輩OBと長く話をする機会があった。田草川先生の話を聞き、そのインターハイの話を聞くことができた。それでも、やはり何と言っても選手権である。大先輩も一言目には、「俺らの代は選手権に行けなかった」と言っていた。

 

田草川先生は、第1回のコーチングスクールに参加している。第1回コーチングスクールは、全国から選ばれた27名の指導者が参加した。その中に田草川先生が入っていることはすごいことである。サッカーに対しての学ぶ姿勢、探究心は絶対に見習わなければならない。日川高-日体大のつながりで、横森監督を次期監督にひっぱってきたことも特筆すべきことである。

100回大会を機に、このような特集を組むことで、改めて韮高サッカー部の深く積み重なった歴史を感じる。令和の時代に再び全国で活躍する韮高が見たいと思う。田草川先生も楽しみにしているに違いない。

 

 

人間は虚無から創造することはできない。いま現にあるものをふまえて未来をつくるほかはない。ところでその現在は、好ましいものであろうと、いとわしいものであろうと、それはまた過去に規制されつつ生まれたものである。したがって、未来への情熱がいかにはげしくても、過去を完全に無視してしまうなら、現在の確保が弱くなるという意味において、未来への躍進はあぶなっかしいものとなる。このようにいうことは、過去主義あるいは回顧趣味の奨励では、もとよりない。じじつ、未来への意欲をもたぬひとには、過去はとらえにくいものとなるものであって、わたしたちのいいたいのは、過去のうちで現在に生きている、あるいは生かしうるものをつかんで、未来への出発を確実なものとすべきだということである。