ニラニスタ発・蹴球思案処

蹴辞逍遥・晴蹴雨蹴

『PITCH LEVEL』

サッカー本 0066

 

『PITCH LEVEL』

例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法

 

f:id:nirasakishikibu:20200711065314j:plain

 

著 者 岩政大樹

発行所 KKベストセラーズ

2017年9月25日発行

 

個人的な書評としては、過去5年でたくさんの現役Jリーガー、元Jリーガーが書いた本の中で、ナンバー1の本である。著名なサッカージャーナリストたちの視点とは異なり、常に選手目線であり、極端に言えば岩政本人の独自の目線である(本ではそのことが断りを入れて書いてある)。まさしくタイトル通り、「ピッチレベル」である。

 

どこが面白いかというと、1、分かりやすい論点で書かれている。2、何気なく使うサッカー用語に対しての疑問と見解。3、サッカーの言語化。ちょっと思いつくことのできないサッカーの表現がある。これは日本のトップレベルでやってこないとできない表現で、またその表現能力に長けている。

 

まえがきで「僕をあまり考えてプレーしていない情熱的な選手と思う人が多く・・・」と書いているように、僕もその1人で現役時代の岩政のプレーは知性を感じると言うより、情熱的であった。ところがこの本を読むと、サッカーのプレー1つ1つを理詰めで考えた知性を、さらに大きい情熱で覆い隠したプレーだったことが分かる。

 

結局のところ、良い本か悪い本かの価値基準は、読んだ本人が共感できるか否かであり、そういた意味において、この『PITCH LEVEL』は僕のサッカー観と多くを共有する。細かいプレーで言えば、「跳んで、ヘディング」ではなく、「跳ねて、空中で待って、ヘディング」というイメージ。DF目線ならではのストライカー観、選手のプレー見る時の(過去も含めての)視点などはほぼ100%共感できる。

 

僕はそれまで、プロになる前を含めて、優勝がかかったような大事な試合では、あまり結果を出せずにいました。いつも勝負所と言われるときに何をすればいいのか悩んでいました。しかし、書いた通り、勝負所とは、その時の自分ではなく、それまでの自分が表れる場面なのです。いや、むしろそれをよりごまかすことができない場面と言ったほうがいいかもしれません。

つまり、大事なことは、日々の取り組みであり、どんな毎日を過ごしてきたか。それが勝負強さに繋がるのだと考えるようになりました。~略~

 

では・・・。

勝者のメンタリティとはどういうメンタリティでしょうか?

勝者とは、大事な試合とそうでない試合を区別する人でしょうか?

「いつもより大事な試合」があるということは、「いつもより大事ではない試合」があるということです。勝者のメンタリティを備えた選手とは、そうやって自分で勝手に試合に優劣をつけたりせず、どんな試合も勝つためにプレーできる選手だと思います。だから僕は、勝負強さとはそうしたメンタリティを持ち続け、日々の取り組みをしっかり続けることができたときのご褒美のようなものではないかと思っています。

 

この本は当初、SNSでの発信であり、現役Jリーガー必見のサイトであった。おそらく「ピッチレベル」であるが故に、サッカーをしたことのない人には分かりづらいのかもしれない。もっと評価されて良いと思う本であるけれど、逆に掘り下げすぎている点が、足かせになっているのかもしれない。もちろんサッカーを本気でやっている選手は必読書である。

 

星火燎原

星火燎原

 

Jリーグが再開した。無観客試合というマイナスな言葉ではなく、リモートマッチという言葉を掲げた。スタジアムにサポーターの力を届けようとリモート応援が盛り上がっている。

サッカーが人生にとって非常に大きな意味を持つ人にとっては、うれしい週末となった。やはりJのある週末は面白く、またお気に入りのチームが負けると面白くない。「あんなに足元ばかりでボールを受けていたらダメだろう」とぶつぶつ言いながら、「理想とするサッカーを目指していても、簡単には勝利へは結びつかないよな」と思ったり、1人パソコンの画面を見ながら叫んだりしていた。

 

コロナ期間中、「情熱」の成す大きさを学んだ。サッカー好きな人はいろいろと考える。中身の濃いお願いがあり、提案があり、そして話し合いがあった。その時、韮崎のサッカー、韮高のサッカーを今よりも上のレベルへと考えている方が「星火燎原のごとく」と言ったので、「せいかりょうげんってどういう意味ですか」と聞いたところ、その意味を教えてくれた。初めは「星火」が「盛火」と思っていたけれど、家で調べると「星火」だったのでますますこの言葉が気に入ってしまった。そこでは違う方が「燎原の火という言葉もあるよ」と教えてくれた。こういった博識な方々が韮崎・韮高のサッカーの行く末を案じているのは心強い。

 

各カテゴリーでも活動が再開した。選手たちのモチベーションは高いと信じたい。高くない選手がいるのだろうか。与えられた時間は限られている。特に最高学年の選手は身に詰まるものがあるだろう。

レーニングや試合前には、「自分が何をすべきか」を考え、終わった後は「何ができたか」を整理して考えなければならない。これからのトレーニングや生活では、今まで以上にがんばることのできる自分に成長できればいいと思う。つらさや、苦しみ、難しさの伴う局面(状況)に出会うのは、今までよりも更に能力が伸びようとする時である。今まで以上にがんばること、努力することが必要だとのサインである。またどんな瞬間、瞬間にも価値を見いだすことのできる人間でありたい。星火燎原のごとくサッカーで表現できれば、全国は近い。

 

 

『ぼくのプレミア・ライフ』

サッカー本 0065

 

『ぼくのプレミア・ライフ』

 

f:id:nirasakishikibu:20200628202951j:plain

 

著 者 ニック・ホーンビィ

訳 者 森田義信

発行所 新潮文庫

2000年3月1日発行

 

手放しに面白いと言える名著である。映画化もされている。イギリスでは100万部以上を売り上げ、WHスポーツ・ブック賞を受賞したスポーツエッセイである。

アーセナルにとりつかれてしまった著者の1968年から1992年までの偏愛に満ちたサポーター人生が書かれている。フットボールが人生の一部というよりも、アーセナルを中心に生活が営まれている。アーセナルを振り返ることは自分を振り返ることであり、ハイベリーでの試合がノスタルジックではなく、昨日のように語られている。情熱的というより熱狂的で、フットボール中毒の症状さえ感じさせる。

 

両親が別居し、その別居した父親にアーセナルの試合に誘われ初めてハイベリーへ行く。スタジアムの観客の言動にショックを受け、アーセナルの試合に魅了されてしまう。著者が11歳の時である。クラスにはアーセナルサポーターは1人だけだった。

70年には父親は海外に引っ越してしまったものの、同級生の兄と友達となりハイベリーへと足を運んだ。試合終了後、黒人少年2人につかまってしまい、殴られ赤と白の(おばあさんからプレゼントされた)スカーフを奪われてしまった。その出来事から階級の存在やいろいろなことを学んでいる。

72年には、「お願いし、せがみ、だだをこね、ようやく母親からアウェイの試合を見に行くお許しをいただいた」。学校へ行っている昼に、母親は長い列に並んでチケットを買ってくれていた。悪名高いフーリガンが乗る電車で怖い思いをする。またその年は、再試合が平日の行われ学校をさぼって試合を見に行く。それほど観客がいないだろうと思っていると、6万3千のシーズン最高の動員だった。

 

僕はフットボールから学んだ。イギリスやヨーロッパの地理的知識は学校ではなく、アウェイのゲームやスポーツ記事で覚えたものだ。フーリガニズムは社会学とフィールドワークの手ほどきをしてくれた。コントロールできないものへ時間と感情を注ぎ込むことの価値についても教えてもらったし、寸分違わぬ目的を持つ人々が形作る共同体に身を置くことの意味も教えてもらった。そして、友人のフロッグといっしょに初めてセルハースト・パークへ行ったとき、ぼくは、死体も目にした。(~略)フットボールは生そのものについても学ばせてくれた。

 

著者は多感な10代をアーセナルを中心にして過ごした。彼女とアーセナルの試合を見に行ったこと、小さい従妹と試合を見て昔の自分を重ね合わせること、父親の再婚相手と試合を見に行ったことなど、アーセナルを通して多くを学び感じている。

 

80年代、著者が社会人になってからのアーセナル人生はそのまま続く。85年のヘーゼルの悲劇、89年の18年ぶりのリーグ優勝は、アーセナル人生では最高の瞬間であった。

思わずうなずいてしまうこと、もやもやとしていた言葉にならない感情を納得いく言葉で表現していること、イングランドフットボール事情、フーリガン全盛の80年代の暴力的なスタジアムと読み応えある内容が詰め込まれている。

 

この本が出版された時は、まだプレミアリーグが存在していない。そしてアーセナルの97年からの黄金時代ははるか先である。著者は「あと20年はヨーロピアン・カップに出られるチャンスなんて来ないだろう」と書いている。そのような歴史的背景からも、名著になる運命はあったのかもしれないと思っている。

 

 

朝の風景

朝の風景

 

朝6時半前に韮高の前を通ると、グランドでボールを蹴っている選手が数人いた。授業が始まる前にボールが蹴れることの幸せを感じているのか、ライバルより多くのトレーニング時間を積み重ねているのか、その心意気は分からないけれど、遠くから見るその風景はどこかしら見ている者の心を動かすものがある。

 

おそらく練習量(朝練や居残り練)と成長(上達)は比例はしないだろう。人より多く練習をしているから試合に出られるわけでもない。量より質にウェイトを置いている人にとっては、「どうしてそんなにやるの」的な発想があるだろう。「スペインではトレーニング後の自主トレはしない」だとか、「トレーニングに100%以上の集中力と体力を出せば、自主トレをする余力はないはずだ」という考えもある。もちろん国や文化の違いから、その逆のことも考えられる。

 

練習をしないで上手くなる選手はいない訳で、ではどうして自主練をそれも朝にする選手がいるのか、また僕のようにその姿を見て心動かされるのかというと、やはりそれは日本的なものと、悪い意味での経験則からきているのだろう。とはいえ、朝という時間の使い方にボールを蹴ると言うことは、そういう行為が必要な人間にとっては、プラシーボ効果があり、自己暗示的なプラスの効果があると思っている。嫌々ながら朝からボールを蹴っているわけではない。少しでも上達したいと思い、なによりもサッカーが好きだからボールを蹴っているのではないかと思う。

 

試合に出られるか出られないか、試合で結果を残せるか残せないかの差は、すべて自分自身の中にある。もちろん監督や切磋琢磨する仲間の力は大きい。それにも増して、自らの才能を自ら伸ばす力の大きさが、成長を加速させると考える。努力をしないと夢には近づけない。コツコツとひたむきにトレーニングを積み重ねる選手を応援したい。そういった選手はやがては周囲にも大きな影響を及ぼす選手となる。またそういった選手が多い集団であれば、チームとして強くなる可能性は大きい。

 

 

TUTTO BENE

TUTTO BENE

 

ヨーロッパでは主要国のリーグが再開され始めている。日本でもスポーツ界全体が動き始めている。サッカーに限らず、スポーツというものはそんなにヤワではない。サッカーにおいては、根強さというものは相当のものがあると思っている。ある種の麻薬性みたいなものさえ感じられる。

 

レーニングが始まった。コロナ期間中のツケを払うことになるのは目に見えている。プロの選手でさえ、ベストコンデションを維持することは難しいコロナ期間であったと思える。そうであるならば、アマチュアの選手はより一層、その雰囲気は強い。どうせたいしたことをしていなかったコロナ期間である。普段やれないことに挑戦する期間でもあるにもかかわらず、振り返ってみると「一体、何をしていたのだろうか」という日々の連続であったと想像できる。コロナ期間中の「先を見通す力」はどのようなものであったのかは、これから分かる。

 

インターハイは中止になってしまったものの、高校サッカーにはまだ選手権大会が残されている。全国にはサッカーも野球も強豪校という高校はたくさんではないけれど存在する。野球、サッカーという種目の違いはあるにせよ、高校3年間を目標や夢の実現のために努力してきた仲間がいる。高校野球の球児は、春・夏の甲子園が目の前から消えてしまった。サッカー強豪校の中には、そういった境遇に遭ってしまった仲間がいる高校がある。山梨学院もそうである。甲子園の夢が絶たれる現実を味わった仲間が身近にいる高校は、サッカー部として勝負強さはさらにパワーアップするものと考えている。自分のためだけではなく、仲間や支えてくれた者の分まで頑張る力を発揮するからである。

 

残された時間は限られている。限られた時間の中での成長が勝負の行方に左右するのではないだろうか。誰もが知っているけれど、すぐにはサッカーは上手くならない。そう簡単には上達はしない。小手先のテクニックや、インスタントの戦術ではトーナメントの上には進めない。おそらく今年の勝者は「勝負強さ」を兼ね備えている高校になるだろうと考えている。

 

「勝負強さ」を考えた時に浮かぶことは、「前向きな開き直り」であり、「論理やデータを超える直観」であり、カッコ良く言えば、「フットボール・ファーリング」である。そして、勝負強さは日常そのものである。日常のメンタリティーが勝敗を分ける瞬間に現れる。日常のトレーニングの積み重ね、日常生活の積み重ねが、勝負どころを読む力を育む。

 

言葉は力を持つ。「ANDRÁ TUTTO BENE」は、イタリアだけでなく、日本のサッカーにも力を与えてくれると思う。