ニラニスタ発・蹴球思案処

蹴辞逍遥・晴蹴雨蹴

『PITCH LEVEL』

サッカー本 0066 『PITCH LEVEL』 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法 著 者 岩政大樹 発行所 KKベストセラーズ 2017年9月25日発行 個人的な書評としては、過去5年でたくさんの現役Jリーガー、元Jリーガーが書いた本の中で、…

星火燎原

星火燎原 Jリーグが再開した。無観客試合というマイナスな言葉ではなく、リモートマッチという言葉を掲げた。スタジアムにサポーターの力を届けようとリモート応援が盛り上がっている。 サッカーが人生にとって非常に大きな意味を持つ人にとっては、うれし…

『ぼくのプレミア・ライフ』

サッカー本 0065 『ぼくのプレミア・ライフ』 著 者 ニック・ホーンビィ 訳 者 森田義信 発行所 新潮文庫 2000年3月1日発行 手放しに面白いと言える名著である。映画化もされている。イギリスでは100万部以上を売り上げ、WHスポーツ・ブック賞を…

朝の風景

朝の風景 朝6時半前に韮高の前を通ると、グランドでボールを蹴っている選手が数人いた。授業が始まる前にボールが蹴れることの幸せを感じているのか、ライバルより多くのトレーニング時間を積み重ねているのか、その心意気は分からないけれど、遠くから見る…

TUTTO BENE

TUTTO BENE ヨーロッパでは主要国のリーグが再開され始めている。日本でもスポーツ界全体が動き始めている。サッカーに限らず、スポーツというものはそんなにヤワではない。サッカーにおいては、根強さというものは相当のものがあると思っている。…

NAKATA百景 中田英寿の足跡をたどる

NAKATA百景 中田英寿の足跡をたどる コロナ自粛期間中、SNSで「ブックカバーチャレンジ」なるものが回ってきた。サッカー仲間の本の紹介を見ていたら、興味深い本やら懐かしい本やらノーマークの本が登場して、とても面白かった。その中で『ゴール…

『サッカー茶柱観測所』

サッカー本 0064 『サッカー茶柱観測所』 著 者 えのきどいちろう 発行所 駒草出版 2007年5月15日発行 著者はサッカーとはそれほど近くない距離にいたコラムニストであり、2002年の日韓ワールドカップを機に、週刊サッカーマガジンで「サッカー茶…

始動

始動 はっきり言って、コロナとの向き合い方、付き合い方は大人でも難しい。このような状況の中で春を迎え、春が過ぎ、初夏になった。サッカーが止まってしまった100日は取り戻すことはできない。振り返れば、自粛生活の期間は、すべて教科書には載ってい…

第60回全国高校サッカー選手権大会決勝 韮崎-武南

第60回全国高校サッカー選手権大会決勝 韮崎-武南 正常にまでは戻っていないとは言うものの、学校が再開した。少しずつ生活が戻りつつある。試合が始まった時、どんなプレーをするかが楽しみである。こういう時代からこそ、韮高こそが韮崎、山梨をけん引す…

第60回全国高校サッカー選手権 準決勝 韮崎-清水商

第60回全国高校サッカー選手権 準決勝 韮崎-清水商 コロナウイルスの影響で、夏の甲子園までもが中止となってしまった。2月末より続いている負の経験の中で、正常なメンタルを維持することは難しい。深い喪失感があり、焦燥感とぶつけようのない怒りがゴ…

『一流の逆境力』

サッカー本 0063 『一流の逆境力』 ACミラン・トレーナーが教える「考える」習慣 著 者 遠藤 友則 発行所 SBクリエイティブ株式会社 2015年4月21日発行 著者の遠藤友則は、あまり経歴を語ることがない。知る人ぞ知る有名な人物で、(この本を出版…

第59回全国高校サッカー選手権 ハイライト

第59回全国高校サッカー選手権 ハイライト ブンデスリーガが再開された。Jも練習がチームによっては始められている。すべてのサッカーが早く動き出してほしい。 コロナの影響で昭和を振り返る機会を得ている。公式記録として文書では保存されている試合が、…

第58回全国高校サッカー選手権 ハイライト

第58回全国高校サッカー選手権 ハイライト 山梨県では緊急事態宣言が1ヶ月ぶりに解除された。普通の生活に戻るのにはまだ時間がかかりそうである。もう少し映像で過去を振り返る。 www.youtube.com この1979年(昭和54年度)の韮高は関東大会、イン…

全国高校サッカー選手権大会 首都圏開催の歴史

全国高校サッカー選手権大会 首都圏開催の歴史 コロナの影響でありとあらゆるものが「自粛」となった。生活様式変化し、自宅待機が増えた影響で、昔の映像が次々と発掘されている。懐かしくも新鮮な映像を楽しませてもらっている。 www.youtube.com 韮高がイ…

『わが青春のサッカー』

サッカー本 0062 『わが青春のサッカー』 著 者 堀江忠男 発行所 岩波書店 1980年2月20日発行 10代をターゲットにした岩波ジュニア新書の本であり、このシリーズとしては13冊目の本である(2019年に40周年を迎えている)。比較的読みやすく…

不条理

不条理 緊急事態宣言が5月31日まで延長された。インターハイ中止の決定後、全中も中止になってしまった。全中の中止は僕の中では大きな衝撃だった。かつて全中の出場を目標にサッカーに打ち込んできた中学時代があったので、目標にしてきたものが消滅して…

インターハイ中止

インターハイ中止 光の強さと同様に選手たちも強くなっていかなければならない季節なのに、納得のいかない全体主義と印象操作に惑わされているような日々が続いている。やり場のない苛立ちと焦燥感と不安が一緒になったこの時代が訪れるとは思わなかった。 …

『浦和・埼玉サッカーの記憶』110年目の証言と提言

サッカー本 0061 『浦和・埼玉サッカーの記憶』110年目の証言と提言 編 集 豊田充穂 椛沢佑一 発行所 フットボールタウン 2019年6月17日発行 フリーマガジン『浦和フットボール通信』の創刊10周年企画として出版された本である。 生まれ育った郷…

読むサッカー

読むサッカー 全都道府県に緊急事態宣言が拡大された。山梨県も例外ではなく、すべてにおいて正常な状態に戻るのには時間がかかりそうである。 『エルゴラッソ』の紙面で「読むサッカー」を特集した。“サッカーのない”週末にサッカーを楽しむための『完全読…

第59回全国高校サッカー選手権大会 準決勝 韮崎-古河一

第59回全国高校サッカー選手権大会 準決勝 韮崎-古河一 漠然と思い描く未来らしい未来が見えない日々が続いている。 ふと、あてもなく僕のサッカーの原点について思案した。正確に言うならば、「本気でサッカーをしようと決意をした時」である。 今から4…

見ているものは同じでも、見えているものが違う

見ているものは同じでも、見えているものが違う 自分がボールを持っている。周囲には見方、敵、ゴールが視野に入る。見えているものは同じである。後天的に身に付けたスキルによって、その状況におけるプレーの選択は違ってくる。おそらく最終的なプレーの決…

『サッカーの記憶』

サッカー本 0060 『サッカーの記憶』 著 者 大住良之 発行所 出版芸術者 2009年5月10日発行 現在は多くのサッカージャーナリストがいる。その中でも個人的に尊敬できるサッカージャーナリストは、この本の著者である大住良之氏である。サッカーを見る…

春愁 ハルウレイ

春愁 ハルウレイ 「サッカーをとったら、何もない人間になるな」とは、いろいろな場所で聞く言葉である。 とは言うものの、「サッカーのおかげで今の自分がある」ことも事実である。サッカー(スポーツ)は、人間形成、人間陶冶の場である。そういった意味に…

「そんなこともあったな~」と思い出すこと

「そんなこともあったな~」と思い出すこと コロナウイルスの終息どころか、先行きがどうなるか分からない状況である。そんな中、『ELGOLAZO』の紙面でJリーグ検定があった。ふっと力を抜けるひと時である。問題は初級編から超上級編まで100問。…

JWFA

JWFA 新型コロナウイルスの全世界的な感染拡大のため、オリンピックが延期された。また日本サッカー協会の田島幸三会長も新型コロナに感染した。最近、一番衝撃的だったのは(僕は隠れユベンテーノなので)、ディバラの陽性反応にはショックだった。そし…

『「ダイヤモンドサッカー」の時代』

サッカー本 0059 『「ダイヤモンドサッカー」の時代』 著 者 JDFA(ジャパン・ダイアモンド・フットボール・アソシエーション) 発行所 株式会社エクスナレッジ 2008年2月25日発行 この本の紹介文として、本書のプロローグがすべてを書き尽くして…

止まっている時間

止まっている時間 こんなに長くサッカーが止まっている異常事態に陥っているのは、生涯初めてのことである。コロナの戦時下に置かれ、戦時下というものはこういったものなのかなと感じたりもしている。 小学生からジュニアユース、高校、アマチュアサッカー…

感謝の味

感謝の味 新型コロナウイルスが世界のサッカーに大きな影響を及ぼしている。Jリーグが中断されたと思ったら、欧州5大リーグとCLも中断、延期となってしまった。ユーベ、チェルシーの選手、アーセナルの監督まで感染してしまい、すごいことになっている。…

卒業

卒業 多くの喜びをもたらした令和元年度の卒業生が新しいステージに向かって旅立つ。あまりにも多くの歴史と記憶を残した年代なので、短い言葉でまとめるには、適当な言葉が見つからない。 「関東大会で準優勝したチーム」でもなければ、「インターハイに出…

『サッカーのすすめ』

サッカー本 0058 『サッカーのすすめ』 著 者 岡野俊一郎 発行所 講談社 1968年7月30日発行 以前から『サッカーのすすめ』を手元に置きたいなと思っていたら、ふとしたきっかけで、古典的名著を手に入れることができた。我が蔵書のサッカー本の中で1…