ニラニスタ発・蹴球思案処

蹴辞逍遥・晴蹴雨蹴

山梨学院全国制覇の余韻

山梨学院全国制覇の余韻

 

山梨学院が全国制覇をしてからというもの、本1冊分以上のサッカー記事を読んだ。感動秘話から戦術分析、個人インタビューと勝者と敗者では取り上げ方も対照的であった。敗者が想像以上に惨めだったために、皮肉にも(当然か?)勝者の山梨学院の価値を高める結果となった。

 

 なぜ山梨学院・長谷川監督は「真の日本一になろう」と伝えたのか? 異色の指導歴で手にした武器 | REAL SPORTS (リアルスポーツ) | スポーツの"リアル"を伝える (real-sports.jp)

 

山梨学院を倒すには、まず敵を知らなければならない。敵将を知るあまり、とんでもない敵だと思ってしまう一方で、100%の負けはないと思っている。青森山田と決勝前の横森監督の記事を読むと、「2流が1流に勝つ好機はある」。

 

f:id:nirasakishikibu:20210121204559j:plain

 

夏に韮高-学院のTMを見た。今思えば、自分たちのサッカースタイルを貫くというより、格上格下、あらゆる相手に対して、柔軟にプレースタイルを変え、勝機を見いだすサッカーをしていたと思える。夏には韮高の方が学院よりも良いサッカーをしていたけれど、学院のサッカーはどんなことをしても、選手権で県内を勝ち抜くという一念で、試行錯誤していたようだ。プリンスリーグでは別のチームになったようなサッカーをしていた。監督の意図した戦略、ゲームプランを、選手がピッチで遂行できたことも素晴らしい。そして学院の選手はよく走っていた。

f:id:nirasakishikibu:20210121204821j:plain

f:id:nirasakishikibu:20210121204839j:plain

f:id:nirasakishikibu:20210121204855j:plain

 

1年前の新人戦は決勝で学院を倒した。学院の前半のシュートはゼロ。新しい時代の到来かと思ったのは幻想だった。そこからの全国を見据えたチーム作り、スタッフのマネッジメントは見事というほかない。なにより学院は2流ではない。全国を狙うことのできる選手が集まった1流の高校である。そこを自らが謙遜して2流だと言い放ち、強かに全国の強豪を倒していった。

 

先輩が相撲に例えて言っていた。青森山田横綱。学院は前頭筆頭で、うっちゃりで勝利を掴んだようなものだ。それでも勝ちは勝ちである。相撲の番付けで例えると山梨県内では韮高はどの辺りだろうかと思う。学院に10回やって何回勝てるのだろう。100回大会の選手権予選前までには、10回やって5回勝てるチームになることは不可能ではない。学院のチームとしての成長、選手個々の成長を目の当たりにしてきた者は、韮高でもあのような成長速度、総合力のアップは実現可能だと思っている。

 

オフ・ザ・ピッチはオン・ザ・ピッチにおいて、大きなウェイトを占める。とてつもないプレッシャーのかかる試合では特にそうである。サッカーだけがうまい選手の活躍の場は、加速度的になくなりつつある。100回大会が楽しみな99回大会だった。